iPhone 11 Pro Maxは買取に出せるの?まだ高く売れる?

iPhone 11 Pro Maxを使っている人の中には、そろそろ新しい機種に買い替えたいと考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、発売から年数が経っていることもあり、高く買い取ってもらえるかどうか心配になる人もいるかもしれません。そこで、本記事では、iPhone 11 Pro Maxはまだ高く売れるのか、実際にはどれくらいの買取額が見込めるのかを解説していきます。

iPhone 11 Pro Maxとは?

はじめに、iPhone 11 Pro Maxの基本的なことを紹介します。iPhone 11シリーズの中でどのような位置付けになっているのか、他の機種との違いなどを併せて解説していきます。

iPhone 11 Pro Maxの特徴

iPhone 11 Pro Maxが発売されたのは、2019年9月20日です。A13 Bionicチップが搭載されたモデルで、iOS 13の世代になります。カメラは、望遠・広角・超広角のトリプルカメラが採用されており、ハイスペックなデジカメとしての利用が可能です。カラーは、ゴールドとスペースグレイ、シルバー、ミッドナイトグリーンの4色で、落ち着きのあるカラー展開になっています。

iPhone 11 Pro Maxで採用されているのは、有機ELディスプレイです。有機ELディスプレイとは、発光素子として有機材料が用いられたディスプレイのことをいいます。ELは、Electro Luminescence(電子発光)を略した言葉で、素子自体が発光する形で色を表現するのが特徴です。iPhone 11 Pro Maxは、有機ELディスプレイを採用しているうえに画面サイズも6.5インチと大きいという特徴も持っています。そのため、画像や映像を観るのに適している機種です。また、バッテリーの持ちも従来の機種よりも改善されており、動画再生やゲームなどにも向いています。

iPhone 11やiPhone 11 Proとの違いは?

では、iPhone 11 Pro Maxと他のiPhone 11シリーズの機種との違いに触れていきます。iPhone 11は、シリーズのスタンダードモデルです。簡単にいえば、iPhone 11 ProとPro MaxはiPhone 11より上位機種という位置付けになります。まず、違いとしてあげられるのはディスプレイです。iPhone 11 ProとPro Maxは、ともに有機ELディスプレイなのに対し、iPhone 11は液晶ディスプレイになっています。

カラーは、iPhone 11は6色展開で明るめでカジュアルな色も用意されていますが、iPhone 11 ProとPro Maxは4色展開です。機能面での大きな違いといえば、カメラ性能でしょう。iPhone 11は背面カメラが広角と超広角のデュアルカメラですが、iPhone 11 ProとPro Maxは超広角、広角、望遠で、機能は上です。iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxは、色展開やディスプレイ、カメラといった機能は同じですが、サイズが大きく違います。iPhone 11 Proの画面サイズは5.8インチとコンパクトになっているのに対し、iPhone 11 Pro Maxは6.5インチとシリーズの中では最大です。

スペック面でいえばiPhone 11 ProもiPhone 11 Pro Maxもあまり大きな違いはありません。一番の違いはサイズでしょう。そのため、片手で操作したい人にはiPhone 11 Proのサイズが便利です。ただ、できるだけ大きな画面で見やすさを追求したいなら、iPhone 11 Pro Maxのほうが向いているかもしれません。

iPhone 11 Pro Maxの買取相場は?

iPhone 11 Pro Maxは、モバイル専門店からブランド品なども扱う一般の買取店まで幅広く買取されています。買取価格はショップによって差が大きいため、どこで買い取ってもらうかを慎重に検討するのが損をしないためのポイントです。もちろん、iPhone 11 Pro Maxの状態によっても買取価格には違いが出ます。SIMロックが解除されているものであれば買取価格が高くなるのが基本で、解除されていないものは高額買取は見込めません。


相場としては、64GBが3万9000〜5万1000円程度256GBが4万4000〜5万8000円程度512GBが4万6000~6万1000円程度といったところです。iPhoneはApple公式からも購入できるため、直接購入して使ってきた人もいるでしょう。キャリアのものとAppleのSIMフリーについては、どちらも買取価格に大きな違いは見られません。また、どの色も買取価格はほとんど同じです。

下取り相場と比べて高い?

新しい機種に買い替えるときは、下取りしてもらうこともできます。そこで、下取り相場より買取価格のほうが高いのかどうか見ていきましょう。Apple Storeと4大キャリアには下取りプログラムが用意されています。いずれの場合も、最新機種の購入が共通した下取りの条件です。ただし、下取りの方法には違いがあり、下取り価格分を購入代金から値引きしてくれるところもあれば、ポイント還元という形を取っているところもあります。

あまりに古い機種になると下取りされにくいですが、iPhone 11 Pro Maxは下取りの対象機種です。なお、状態の良いものであれば2023年3月現在の下取り価格は次のようになっています。Apple Storeは、容量に関係なく4万5000円です。ドコモは容量ごとに違いがあり、64GBが2万7000円、256GBが4万円、512GBが4万6000円となっています。auも容量で分かれており、64GBが2万350円、256GBが2万2550円、512GBが2万6400円です。ソフトバンクもApple同様容量は関係ありません。どの容量でも3万7200円で下取りされます。こうして見ると、いずれも買取相場よりも安いことがわかります。iPhone 11 Pro Maxを手放すなら、買取の方が高く売れるということです。

iPhone 11 Pro Maxは買取に出そう

iPhone 11 Pro Maxは、発売から年数は経っていますが、買取先を上手に選べばかなり高く買い取ってもらうことができます。新しい機種に買い替えるなら、できるだけ負担する費用を抑えることがポイントであり賢い機種変更の手段です。そして、次の機種は中古で購入するとさらに出費を抑えられます。中古品を購入するなら、状態の良い中古iPhoneが安く手に入るセカハンをチェックしてみましょう。

iPhone

中古iPhoneを探すなら
SECOND HAND【セカハン】

安心のSIMフリー

1年保証付き

ネットワーク利用制限〇

中古iPhone一覧を見る