【最新】iPhone12の下取り価格(相場)を5社徹底比較!高く売るための方法も解説

Appleは2020年10月にiPhoneの12代目である「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」を発売しました。また、同年11月には「iPhone 12 mini」と「iPhone 12 Pro MAX」も発売され、シリーズとしては4モデルがあります。

さて、iPhone 12を買い替える場合、買取価格はどのくらいになるのでしょうか。買取と下取りではどちらが得か、また、買取価格を高くできる方法も知りたいでしょう。ここでは、お得な情報をわかりやすく紹介します。

iPhone12のスペック

発売日 2020年10月23日 ディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ
画面解像度 2,532 x 1,170ピクセル 高さ

厚み
146.7 mm
71.5 mm
7.4 mm
ストレージ容量 64GB
128GB
256GB
SIMカード Dual SIM (nano-SIM と eSIM)
コネクタ Lightning タッチ操作
Apple Pay Touch ID(指紋認証) ×
Face ID(顔認証) アニ文字&ミー文字
ワイヤレス充電 高速充電
メインカメラ 12MPワイドカメラ 防水性能(耐水・耐塵) IP68

iPhone12は、2020年にAppleから発表されたスマートフォンとして、そのスペックの高さで多くのユーザーから注目を浴びました。Appleの独自のA14 Bionicチップを搭載しており、これによって前モデルと比較しても顕著なパフォーマンスの向上が実現されています。

また、iPhone12は5G通信に完全対応しています。これにより、超高速な通信速度を実現し、動画のストリーミングや大容量のデータダウンロードもスムーズに行えます。

さらに、背面にはMagSafeという新しい機能が組み込まれています。これはマグネット式の接続機能で、専用のアクセサリーやワイヤレス充電器を手軽に取り付けることができる革新的な技術です。

最後にProモデルでは、カメラの性能も向上しています。3つのカメラとLiDARスキャナーを備えており、これによってより高品質な写真や動画の撮影、さらにはAR体験も豊かになっています。

iPhone12の下取り価格(相場)を販売ストアごとに5社徹底比較!

下取りショップ 傷なしの
下取り価格
傷ありの
下取り価格
Apple Trade In 最大41,000円
docomo(ドコモ) 64GB:¥27,000
128GB:¥35,000
256GB:¥40,000
64GB:¥8,100
128GB:¥10,500
256GB:¥12,000
Softbank(ソフトバンク) PayPayポイント:¥37,200相当
機種代金の値引き:¥36,000
PayPayポイント:¥11,160相当
機種代金の値引き:¥10,800
au 64GB:¥29,700 相当
128GB:¥33,000 相当
256GB:¥37,400 相当
64GB:¥8,800 相当
128GB:¥9,900 相当
256GB:¥11,000 相当
楽天モバイル 64GB:¥29,700
128GB:¥34,140
256GB:¥41,600
64GB:¥8,910
128GB:¥10,240
256GB:¥12,480

※各社、2023年10月時点の下取り価格

iPhone12の人気と性能の高さから、多くのユーザーが下取りサービスを利用しています。しかし、下取り価格は販売ストアやサービスによって大きく異なるため、どこで売るべきか迷う方も多いでしょう。

今回は主要な5社の下取り価格を徹底比較してみました。上記に一覧表をまとめましたが、最も下取り価格が平均的に高いのは楽天モバイルでした。また、キャリアによって下取り料金の受け取り方法なども変わってくるため、ここから詳しく解説していきます。

Apple Trade In

Apple Trade Inは、古いApple製品を新しいモデルと交換するための公式のサービスです。iPhone12の場合、デバイスの状態やストレージ容量によって下取り価格が変動しますが、一般的には他のモデルよりも安定した価格を提供しています。

また、公式サービスであるため、安心感や信頼性が高い点も魅力です。Apple Trade Inでは最大下取り額のみ公開されており、iPhone12は最大41,000円の下取りが可能となっています。

容量や傷の状態などによっても価格は変わるため一度、Apple Trade Inで査定してもらうことをおすすめします。

また、新しいiPhoneを買うときに下取り額分を割り引くだけでなく、Apple Gift Cardとして受け取って下取り額分を受け取って後で使うこともできます。Apple Gift CardはApple製品やサービスを購入するときに使えるカードです。

docomo(ドコモ)

docomoは独自の下取り価格を設定しており、特にキャンペーン期間中は高価下取りが期待できます。ただしdocomoの契約者であることが条件となる場合が多いため、注意が必要です。また、店舗によっても下取り価格が若干異なることがあるので、事前に複数の店舗で確認するとよいでしょう。

docomoでの下取り価格の目安は下記の表の通りです。

容量 傷なしの
下取り価格
傷ありの
下取り価格
64GB ¥27,000 ¥8,100
128GB ¥35,000 ¥10,500
256GB ¥40,000 ¥12,000

※2023年10月時点の下取り価格

傷ありと傷なしで1万円以上の下取りの価格の差があることがわかります。また、下取りの条件については以下の通りです。

適用条件

  • 携帯電話機などのご購入時に、iPhoneを下取りに出していただくこと
  • dポイントクラブ/ドコモビジネスプレミアクラブに加入されていること
  • 以下の下取り条件を満たす対象機種を下取りさせていただくこと

引用:下取りプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

下取り条件

  • ドコモが販売したiPhoneの場合、下取り申込みする自回線の機種購入履歴に登録されており、その購入において不備・不正や機種購入代金の未払いがないこと
  • 他社が販売したiPhoneの場合、以下条件を満たす必要があります
    ①下取り申込み機種が正規店で購入されたiPhoneであること
    ②新規契約(MNP含む)と同時に、ドコモのiPhone・iPad・スマートフォンやタブレット、ドコモケータイをご購入いただき、下取りのお申込みをいただくこと
  • お客さまが下取り申込み機種の所有権を有していること

引用:下取りプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

他社で購入した機種でも下取りは可能ですが、正規店で購入されたiPhoneのみ対象となります。購入場所を覚えていないという方は一度、ドコモの店舗に出向いて直接確認してみることをおすすめします。

また、買取と異なり下取りなので、docomoで新規の機種を購入することが前提のプログラムとなります。現金を受け取ることはできません。

Softbank(ソフトバンク)

ソフトバンクは、国内のキャリア市場で常にトップを争う存在として広く知られています。ソフトバンクの下取りサービスは、特にソフトバンクユーザー向けに、様々な特典やキャンペーンが行われることが多いです。

また、スマートフォンの下取りだけでなく、タブレットやスマートウォッチに関しても高額下取りのサービスが提供されています。これらのサービスを組み合わせることで、高価下取りが期待できます。ソフトバンクでの下取り価格の目安は下記の表の通りです。

プログラム 傷なしの
下取り価格
傷ありの
下取り価格
PayPayポイント ¥37,200相当 ¥11,160相当
機種代金の値引き ¥36,000 ¥10,800

※2023年10月時点の下取り価格

ソフトバンクでは下取りの際に、PayPayポイントの付与もしくは購入機種代金の値引きのどちらかを選べることが最大の特徴です。また、下取りの条件については以下の通りです。

下取り条件

  • 当社指定機種をご購入いただくこと。
  • 新しく購入する機種は、お客さまの通信契約状況に応じて次のとおりとなります(一部対象外機種あり)
    ①のりかえ(MNP・番号移行)/機種変更
    iPhone、スマートフォン、SoftBank携帯電話
    ②新規契約/機種変更
    iPad、タブレットおよびSoftBank回線対応の通信モジュールを内蔵したメーカーブランドPC・タブレット
    ③機種購入のみ
    上記①②の機種およびウェアラブルデバイス
    (ソフトバンクの回線契約がなくてもお申し込みいただけます)
  • 下取りプログラムはお申し込みが必要です。
  • 下取りの対象機種を当社が回収させていただくこと(回収機種に破損がなく正常に動作すること)。
  • 機種の回収時に、古物営業法に基づく本人確認を実施します。
  • 新しい機種の購入1台につき、下取りの対象機種は1台までとなります。
  • 下取りプログラムに申し込みした時点(先に送付キットの送付依頼を行う場合は、その依頼の時点)の特典金額が付与されます。
  • ソフトバンク回線を解約した日から3ヵ月以内に、その解約時と同一の電話番号で再びのりかえ(MNP・番号移行)により回線契約する場合は、下取りプログラムの対象外です。
  • 下取りの対象機種の状態(破損の有無等)により、減額基準に該当する場合は、お客さまに付与される特典の額が減額されます。
  • 以下のような機種は、下取りプログラムでの下取りができません。
    製造番号(IMEIなど)が確認できない
    改造等によりメーカーの保証外である
    電源が入らない(スリープボタンが正常に機能しない)
    初期化されていない(各種ロックが解除されていない)
  • 以下のサービスとは併用できません。
    新トクするサポート
    トクするサポート+(2021年9月23日以前加入者向け)
    トクするサポート
    半額サポート
    上記以外にも、一部の料金プラン、他のサービス、割引と併用できない場合があります。

引用:下取りプログラム | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

他のキャリア同様、SoftBankが指定する機種を購入する前提のサービスです。現金の受け取りはできなく、新規で機種を購入するときに下取り価格が割り引かれる仕組みとなっています。多くの下取り条件がありますが、他のサービスと並行して利用できない点など注意が必要です。

au

auはKDDIグループの主力ブランドとして、日本国内の通信市場で長い歴史を持っています。auの下取りサービスはキャンペーン期間中や新規契約、機種変更時などに特に高価下取りが期待できる点が特徴です。

また、auの店舗は全国展開され、身近な場所で手軽に下取りサービスを利用することができます。そのため、auユーザーはもちろん、他キャリアのユーザーからも高い評価を受けています。auでの下取り価格の目安は下記の表の通りです。

容量 傷なしの
下取り価格
傷ありの
下取り価格
64GB ¥29,700 相当 ¥8,800 相当
128GB ¥33,000 相当 ¥9,900 相当
256GB ¥37,400 相当 ¥11,000 相当

※2023年10月時点の下取り価格

auでは下取りの際、値引きではなくPontaポイントの還元となります。税込金額から1P=1円相当で利用可能です。また、下取りの条件については以下の通りです。

下取り条件

  • 下取り対象機種からの機種変更でiPhone、auスマートフォン、auケータイもしくはauタブレットをご購入
  • 今お使いの下取り対象機種が故障、水濡れがなく正常に動作すること

引用:iPhone | 下取りプログラム | au

auも他のキャリアの下取りもほぼ条件は変わりないため、傷などの状態をなるべく良くしてから下取りを利用しましょう。

楽天モバイル

楽天モバイルは、EC大手の楽天が展開するMVNOサービスとして人気を博しています。楽天モバイルの下取りサービスは、楽天ポイントを利用した取引が特徴で、これにより他の楽天のサービスとのシナジーを生むことができます。

例えば、高額下取りが期待できるiPhone12を下取りに出すことで、そのポイントを楽天市場や楽天トラベルでのショッピングに活用できます。楽天モバイルでの下取り価格の目安は下記の表の通りです。

容量 傷なしの
下取り価格
傷ありの
下取り価格
64GB ¥29,700 ¥8,910
128GB ¥34,140 ¥10,240
256GB ¥41,600 ¥12,480

※2023年10月時点の下取り価格

楽天モバイルでは下取りの際、値引きなどではなく電子マネーの楽天キャッシュで受け取ることになります。また、下取りの条件については以下の通りです。

下取り条件

  • 下取り対象製品は楽天モバイル、および他社取り扱いのスマートフォン、タブレット、Apple Watch。
  • 付属品は下取りしておりません。なお付属品の有無は、下取り価格に影響しません。
  • 下取り対象製品を下取りに出すこと
  • 楽天IDを保有する楽天会員であること
  • 18歳以上であること

引用:スマホ下取りサービス | オプションサービス | 楽天モバイル

楽天モバイルは、楽天IDを保有する楽天会員であることが下取りの条件となります。下取りを利用する際は先に楽天IDを取得してから利用しましょう。

買取と下取りはどっちがお得?

Appleや大手キャリアでiPhoneを新品に買い替える場合、手持ち機種を下取りしてもらうこともできます。さて、買取と下取りではどちらがお得になるのでしょうか。以下で説明します。

そもそも買取と下取りの違いは?

買取と下取りは一見同じように見える言葉ですが、実は異なる意味合いを持ちます。買取は、店舗や企業がお客様から商品を直接購入することを指します。この場合、店舗は購入した商品を再販することを目的としています。

一方で下取りは新しい商品を購入する際に、古い商品を店舗に持ち込むことで、新しい商品の価格を割引してもらうシステムを指します。この場合、お客様は新しい商品を購入する目的として行動しており、古い商品は割引の一部として利用されます。

例えばあなたが新しいiPhoneを購入する際、古いiPhoneを店舗に持ち込んで、新しいiPhoneの価格を安くしてもらう場合、それは下取りとなります。一方で古いiPhoneを持って中古ショップに行き、現金で売却する場合は買取となります。

これらの違いをしっかり理解して、iPhoneの買い替えを検討しましょう。

買取のほうが高く売れる

スマートフォンや家電製品を手放す際、多くの人々が下取りを選択します。しかし、買取の選択の方がより高く売れる場合もあります。なぜなら買取専門の業者は、商品の市場価値を正確に評価し、その商品の需要や品質に応じて適正な価格を提供するためです。

下取りは新しい製品の購入と同時に古い製品を引き取るサービスであり、通常は新しい製品の購入価格から引かれる形で実施されます。しかし、この方法では古い製品の価値が反映されにくいのが現実です。

一方で買取業者はその製品だけを評価し、市場価格に基づいて適切な価格を提供するため、より高い価格での取引が期待できます。

例えば、あるスマートフォンが新品時に10万円であったとして、1年後の下取り価格が3万円であった場合、買取業者では4万円以上で買取してくれる可能性が高いです。このように、製品の価値を最大限に活かすためには買取の選択の方が最適な場合もあります。

iPhone12を買取しているサイトやお店と価格

iPhone12を買取している業態 サービスや会社の具体例
大手キャリア docomo、Softbank、auなど
店舗買取店 ブックオフ、ゲオ、TSUTAYAなど
オンライン買取サービス イオシス、にこスマなど

iPhone12は、多くの買取サービスや店舗でも高価な取引が行われています。主要なキャリアの店舗、例えばdocomoやSoftbank、auなどは新しいモデルの購入と同時に古いモデルの下取りサービスを提供しています。

一方で専門の買取店やオンライン買取サイトでは、iPhone12の状態や容量に応じて、他店よりも高い価格になるように買取を行っています。特に状態が良好で付属品が揃っている場合、相場以上の価格での買取が可能です。例えば、ブックオフやゲオ、TSUTAYAなどの実店舗だけでなく、イオシスやにこスマなどのオンライン買取サービスも非常に人気があります。

価格は常に変動するため、買取を検討する際は複数のサイトや店舗の価格を比較し、最も良い条件のところを選択することがおすすめです。

下取りで得になるケースも

10万円を超える新型スマホ機種が現れる中、少しでも安くて良い機種を選びたいと考える方も多いでしょう。下取り価格はそれほど高くなくても、端末割引やキャシュバックなど大手キャリアのキャンペーンなどをうまく活用することで、5万円程度もお得に購入することができます。大手キャリアが大型キャンペーンを一斉に競い合う時期は、新年度を迎える前の3月から4月が中心です。この時期に携帯を購入するのがもっともお得になるのです。iPhoneなどは9月に新機種が発売され、その直後に安くなります。キャリアで行う値下げやキャンペーンをうまく活用することで実質的な負担を安く抑えられるのです。

また、新製品が発売されたタイミングで、最新機種と機能的にそれほど差がない型落ち機種を安く購入するのもおすすめです。

iPhone 12を高く売るための方法

iPhone 12を高額で買い取ってもらうためには、故障していないことや目立つキズ、割れなどがない良品であることが大きなポイントになります。さらに、以下の4つのポイントもきちんと押さえて高額買取を目指しましょう。

きれいに掃除する

まず、買い取ってもらうお手持ちの機種をきれいに掃除することが大切です。ステッカーやアクセサリなどは取り外し、ケースから取り出します。iPhone 12は背面やカメラ周辺はガラス製です。

接触した素材のせいで傷のように見えたり、砂、化粧品、洗剤などが付着したりした場合にはすぐ掃除しましょう。掃除の手順は次のとおり。まず、ケーブル類を外して電源を切ります。柔らかい布を少し湿らせ、本体に湿気が入らないように注意して優しく拭いてください。

本体に施してあるコーティングがはがれ、傷がつくことがあるので、洗浄用品や研磨剤は使わないようにしましょう。

付属品をそろえておく

スマホに限りませんが、高く買い取ってもらうには、付属品をきちんとそろえて、新品購入時と同様の状態に収納することが基本です。iPhone 12には、外箱、説明書、イヤホン、ACアダプタ、ライトニングケーブル、ヘッドフォンジャックアダプタが付属されていました。

すべてそろっていることが基本ですが、一部がない場合でも減額して買い取ってもらえます。これらもきれいに掃除して、コンパクトにまとめてから所定の位置に戻しましょう。最後に外箱に入れます。

工場出荷状態にする

買取の際には、iPhone 12を工場出荷状態に復元しておくことが必要です。個人情報をすべて消去するため、必ず本体の初期化を行います。正しく初期化することで他の人も利用できるようになるのです。

また、SIMカードには個人情報が記録されており、買取業者は処分できないので、不要な場合でも必ず抜いておきましょう。きちんと処理しないまま持っていくと、買取を断られる場合があるので注意してください。

SIMロック解除をする

大手キャリアで2021年10月以前に購入したiPhoneでは、そのキャリア製のSIMカードまたはキャリア対応の格安カードしか使えない場合があります。これは、そのキャリアの通信しか使えないようにする対応をとっているためで、この対応を解除することをSIMロック解除といいます。

SIMロック解除によって他キャリアの回線を使えるようになるのです。なお、2021年10月以降に販売されるスマホはSIMロックを設定しないことを義務づけています。ロックを解除することでキャリアを選ばずに回線を使えるようになるので、買取価格もアップします。SIMロックが設定されていれば、必ず解除しておきましょう。

iPhone12の下取りまでにやるべきこと

iPhone12を下取りに出す前には、いくつかの重要な準備や確認すべき項目があります。これにより、個人情報の流出のリスクを避けることやスムーズな下取りが可能となります。下取りまでにやるべきことを3つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

iCloudのサインアウト

iCloudは写真や連絡先、メモ、カレンダーなど、iPhoneで主要な情報や設定を保存・同期するためのクラウドサービスです。下取りの前に、このiCloudのサインアウトが非常に重要です。サインアウトすることで、あなたの重要なデータが次の使用者に渡ることはありません。

iCloudのサインアウトは、iPhoneから設定アプリを開き、最上部に表示されるあなたの名前をタップして、iCloudのセクションに移動し、最下部の「サインアウト」を選択することでサインアウトできます。これにより、今持っているiPhoneとiCloudの連携ができなくなり、次の使用者があなたのiCloudアカウントを見れることはありません。

「iPhoneを探す」機能のオフ

iPhoneのセキュリティ機能として非常に役立つ「iPhoneを探す」機能があります。これは紛失や盗難時にデバイスの位置を特定するためのものです。

しかし、iPhoneを下取りや買取に出す際は、この機能をオフにすることが必須となります。オフにしないと、新しい使用者がデバイスを正常にセットアップできなくなる可能性があります。

この機能をオフにするには、設定アプリを開き「Apple ID」>「iPhoneを探す」を選び、スイッチをオフに切り替えます。これにより、デバイスの追跡が停止し、新しい所有者が問題なく使用できるようになります。

データのバックアップ

下取りや買取に出す前のもう1つの重要なステップは、データのバックアップです。写真や連絡先、アプリのデータなど大切な情報を失わないようにするためには、iCloudやiTunesを使用してバックアップを取ることが推奨されます。

iCloudでのバックアップは、設定アプリの「Apple ID」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」から可能です。一方でiTunesを使用したバックアップは、PCとiPhoneを接続し、iTunesの画面から「このコンピュータにバックアップ」を選択することで行えます。

このような手続きを通じて、新しいiPhoneや他のデバイスにデータを移行する際に、スムーズに情報を復元できるようになります。

iPhone 12を高く買い取りしてもらおう

iPhone 12をはじめAppleの中古製品は、状態がよければ高い買取価格を期待できます。一般的に下取りよりも買取の方が高額になるので、きちんと手入れをして、工場出荷時の状態にしておきましょう。

新製品の発売や大手キャリアのキャンペーン内容などもよく比較しながら、最適な買取時期を選んで高額で買い取ってもらえるか、まずは査定してもらいましょう。

iPhone

中古iPhoneを探すなら
SECOND HAND【セカハン】

安心のSIMフリー

1年保証付き

ネットワーク利用制限〇

中古iPhone一覧を見る